华侨二分彩

中國のシェア自転車ofo、オーストリア?ウィーンに上陸 ヨーロッパ大陸でも展開へ

出典:東方新報 作者:財新 掲載時間:2018-01-11
共有:

 中國のシェア自転車ofoは27日、オーストリア?ウィーン(Vienna)で事業を展開し、英國に次いでヨーロッパ大陸市場にも進出すると発表した。

北京市內に並ぶofoのシェア自転車(2017年3月28日撮影)。



 今回、シェア自転車を投入する地域は、ウィーン市第2區のレオポルトシュタット(Leopoldstadt)。試運転として1か月間、無料でサービスが提供される。無料期間終了後、自転車2000臺を投入する予定だ。利用者は、専用のアプリをダウンロードし、クレジットカードで料金を支払えるようになる。利用料金は30分につき0.5ユーロ(約65円)。

 自転車の配置管理システムも導入する。ウィーンで支援団體を設立し、地元政府と連攜の上、インテリジェンス化によるリアルタイムの交通狀況を読み取り、自転車の配車を進めていく。

 またofoは同日、グローバル決済システムの開設を公式ウェイボー(微博、Weibo)で発表した。中國のofoユーザーは、従來のアプリで海外でもバーコードを読み取ってシェア自転車を利用することができるようになる。

 中國、シンガポール、マレーシア、タイ、英國、米國、日本など 8か國に進出しており、數萬臺のシェア自転車が投入されている。今年6月には、ofoのライバル會社でもある中國シェア自転車大手モバイク(Mobike)が、イギリスとイタリアに進出している。

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

华侨二分彩 二十一点庄家爆牌概率 秒速时时开奖视频 浙江体彩20选5玩法 快乐飞艇 pk10技巧四码 竞彩足球计算器胜平负玩法 11选5软件 幸运28开奖结果99预测 360重庆老时时综合走势图 排列三开奖是几点