华侨二分彩

北京冬季五輪レガシー戦略計畫が確定 持続可能性を追求

出典:人民日報 掲載時間:2019-03-12
共有:

北京冬季五輪組織委員會はこのほど、「2022年北京冬季五輪?冬季パラリンピックレガシー戦略計畫」を発表した。同計畫に基づき、2022年北京五輪の遺産(レガシー)をめぐる取り組みは五輪の競技と都市との良好な相互連動、ウィンウィン、発展の「北京プラン」を打ち出すために努力を重ねているという。

同委計畫建設部の劉玉民部長は同計畫の発表會で、「北京は『夏と冬の五輪を開催した都市』になり、會場とインフラ建設をはじめとする五輪のレガシーが非常に豊富で、北京冬季五輪は2008年夏季五輪の數多くのレガシーを最大限利用することになる。冬季五輪北京エリアには競技場と競技場以外の會場が合わせて13ヶ所あり、このうち11ヶ所は08年五輪のレガシーだ」と述べた。

劉部長の説明によると、「冬季五輪延慶エリアは小海■(土へんに它)山に添って建設され、エリア全體の計畫設計の中では、『山林の中の會場、生態環境に配慮した五輪』というコア設計理念を受け継ぐものになり、建設後は『世界トップレベルのスキー競技センター、人々にサービスを提供する氷雪レジャーリゾート地』になる。このエリアの3つの會場の恒久的施設は五輪後もすべて保存される。このうち國家高山スキーセンターはナショナルチームと國內外のプロチームの練習場や國際大會の會場になる。國家ボブスレーセンターは五輪後は一般向け體験コーナーを増設し、一般向け體験プログラムを打ち出す予定だ。延慶冬季五輪村は溫泉レジャーホテルに改修され、またエリア內には多くのスキーコースが建設される予定だ」という。

生態環境保護の點でも、會場の後利用の點でも、北京冬季五輪は持続可能性を重視している。組織委のトップレベル専門家チームは革新性に満ちた姿勢で北京市と河北省の「グリーンスノースポーツ會場評価標準」を制定した。この標準は中國初のグリーンスノースポーツ會場評価基準であり、國內外におけるこうした標準の不足を補うものとなっている。また北京冬季五輪は開催エリアを都市グリーン電力網ですべてカバーし、これは五輪史上初の取り組みだ。 


建設中の2022年北京冬季五輪?冬季パラリンピックの中核エリアとメーン會場エリアになる北京冬季五輪村。(人民視覚)


建設中の2022年北京冬季五輪クロスカントリースキー會場。(人民視覚)


2019年2月8日、「鳥巣」のスキー場で、スキーを體験している人々。(人民視覚)


2019年1月12日、國家オリンピックスポーツセンターの南側に設置された北京冬季五輪のための太陽発電設備。(人民視覚)

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

华侨二分彩 金7乐玩法奖金表 一分赛车怎么买稳赢 504王中王免費888504 辽宁体育11选5彩票 一定牛浙江12选5 时时彩真有人能改单 nba bonus是什么意思 秒速时时彩是哪里的 球探网手机版即时比分 极速快三是官方彩票