华侨二分彩

量子衛星「墨子號」、暗號生成量が1秒40萬個に

出典:人民日報 作者:尚凱元 掲載時間:2019-03-13
共有:

「我々はこの2年間で、衛星?地球間暗號の生成量を40倍に拡大した。現在は1秒で約40萬個の暗號を送ることができ、一部の応用機関の安全通信の需要を大まかに満たしている」。10日の全國政協第13期第2回會議の記者會見において、全國政協委員、中國科學院院士、中國量子科學技術の代表人物である潘建偉氏はメディアの取材に対して、量子衛星「墨子號」の作業の進捗狀況を紹介した。

説明によると、科學実験衛星「墨子號」には、主に2つの目標がある。一つは実用的なもので、超長距離衛星?地球間量子機密通信の実現だ。もう一つは基礎科學レベルのもので、宇宙スケールでアインシュタインが指摘した「量子力學の不確実性」を検証する。

墨子號の性能?指標は予想を大幅に上回り、2年で完遂を予定していた科學試験任務を2?3カ月で終えた。そのため潘氏が率いるチームは過去3年近い間に、衛星の性能を改良する多くの時間を持てた。これにより、この科學実験衛星は実用化の面でより多くの進展を成し遂げた。

墨子號は現在、夜しか作業できない。日中は太陽光が強すぎるためだ。いつでも暗號を生成できるようにし、業務化運行の情報安全を守るように、潘氏のチームは將來的に中高軌道衛星を開発し、24時間一日中の作業を実現する計畫だ。

情報安全は公衆の利益と密接に関連しており、プライバシーのレベルだけの話ではない。潘氏は「將來的に自動運転の時代に入り、自動車を遠隔操作できるようになれば、ハッカーによる攻撃を極力防止しなければならない。そうしなければ、車両走行の安全を確保できなくなるからだ」と例を挙げながら、「量子通信は原理的に無條件で安全な通信手段であり、將來的に情報安全水準を大幅に向上させることができる。科學研究者は量子情報技術のカバー範囲の拡大に取り組んでいる。コスト削減により、一般の人々が一日も早くそのメリットを享受できるように努力する」と述べた。


全國政協第13期第2回會議の3回目となる記者會見が10日、梅地亜両會プレスセンターで開催された。潘建偉氏を含む全國政協委員6人が、記者からの質問に回答した。(視覚中國)


北京展覧館は2017年9月26日、世界初の量子衛星「墨子號」の模型を展示した。(視覚中國)

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

华侨二分彩 11选5近10期冷热号 浙江20选5走势图100期 墨西哥篮球比分直播 乐彩国际是什么 牛牛怎么打才能赢 欢乐炸金花老版 加拿大五分彩靠谱吗 E乐彩 新时时彩五星技巧 福建十一选5走势图百度